no-image

学術講演:「サナスリフト(上顎洞挙上術)」【肥後橋・西梅田・中之島・淀屋橋で歯科をお探しの方/フェスティバルタワー筒井歯科】

こんにちは 院長の筒井純也です。
先日、大阪市北区歯科医師会に招かれて
「怖くないサナスリフト(上顎洞挙上術)」というテーマで
学術講演をさせていただきました。
平成20年から23年にニューヨーク大学歯学部総合診療科と
インプラント科に留学をし、世界最先端の医療を行う現場で
専門医教育を受けてきた経験と実際にどのように臨床を行うか、
科学的なエビデンスを提示しながら要約しお話しさせていただきました。

NYUでは上顎同挙上術の世界的権威が多数在籍(院長留学当時)
上段左からDr.Cho, Dr.Wallace, Dr.Froum and Dr Testori.
サイナスリフト(上顎洞挙上術)はインプラント治療を上顎の後ろの歯
である臼歯部におこなうときに必要な術式の一つです。

上の歯の根を支える上顎骨の内部には上顎洞と呼ばれる大きな空洞が存在します。
この空洞は様々な要因などにより、年齢と共に拡大する傾向があります。
さらに、歯が無くなると歯槽骨も吸収しますので、上顎においては上顎洞側と
歯槽骨側で骨吸収が進みインプラントを植える骨が不足することが多いです。
そこで、膨らんできた上顎洞に骨補填材を入れて上顎洞内に骨をつくる技術が開発
されました。これが上顎洞挙上術、別名サイナスリフトです。その歴史は1960年代に
初めて行われ、大まかな現在の術式は1980年代に確立されました。
それ以後、改良されながら臨床実績が積まれ、評価されてきましたが、現在ではとても
成績が良く、安全性が確立されています。
需要が多く成績もいい術式なので一般の開業医の先生もすこしずつ行うことが増えて
きています。その反面、術式は難易度が高く、専門医教育が必要です。
術式が確立された手術でも偶発症はないわけではありません。
しっかりとした知識と対応をとれば大きな問題とはなりませんが、それ怠ると大きな
失敗につながることもあるのが上顎洞挙上術です。
そのときどうしたらいいのかを世界的な理論的根拠をまじえて講義し、また最新の術式
も紹介させていただきました。
日本臨床歯周病学会・日本口腔インプアント学会、ヨーロッパ歯周病学会のインプラント
指導医、専門医の先生からも喜んでいただき、僕自身もディスカッションができとても
有意義でした。
時折、このように講演を行うととても刺激になり、勉強になります。
本当に講演依頼が来ることに感謝です。
これからも、日々お越しいただく患者様により良い医療を提供できるように研鑽を
つんでまいります。
今後とも筒井歯科グループをどうぞよろしくお願いします。
フェスティバルタワー筒井歯科院長
筒井純也
肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

無料カウンセリングをおこなっております

「歯を白くしたい」
「インプラントの相談をしたい」
「歯肉が下がって気になる」
「矯正を相談したい」

など、歯やお口の悩みはありませんか?
歯の健康に関する疑問・不安、治療内容に関する相談を受け付けています。
大阪・関西でお口でお困りの方は、何でもお気軽にご相談ください。

カウンセリングのご予約フォームはこちら

お電話でのご予約はこちら

診療時間
9:30〜13:30
14:30〜19:30

※休診日は日曜・祝日

※土曜PMの診療時間は14:30〜17:30です。

大阪・中之島で、安全性・美しさ・長持ちすることにこだわった治療をご提供します。

医療法人悠生会
フェスティバルタワー筒井歯科

〒530-0005

大阪府大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー15F

大阪メトロ・京阪の2駅に直結

京阪中之島線「渡辺橋駅」下車12番出口直結

大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」下車4番出口直結

大阪メトロ御堂筋線・京阪「淀屋橋駅」下車7番出口より徒歩7

JR東西線「北新地駅」下車11-5番出口より徒歩10

各線「大阪駅」下車桜橋口より徒歩13