no-image

インプラント治療で大事なこと アフターフォロー【肥後橋・西梅田・中之島・淀屋橋で歯科をお探しの方/フェスティバルタワー筒井歯科】

こんにちは、院長の筒井純也です。
インプラント治療とは?
デンタルインプラントは、いろいろな理由で歯を失ってしまった時にもう一度、自分の歯のように噛むことができるようになる治療です。
治療が終わると自分の歯が生えてきたようにご自身の体の一部となり機能してくれます。
しかし、何も問題が起こらないかというと、注意しないといろいろな問題が起こる場合があります。
7年ほど前になりますが、私がニューヨーク大学のインプラント科に在籍し、治療にあたっていた頃から、最新医療や難しい治療を受け持つ大学の医療現場では、インプラントした後に問題が起こってくるケースの対応をしておりました。
問題といってもいろいろなものがあります。
歯が壊れた、ネジが緩んで歯が動く、見た目が悪い、インプラントが折れた、
インプラントが腫れてきたなどなど、、、
その理由となると、それ以上にいろいろなことがあります。
従来の歯が悪くなる原因(歯周病、虫歯、噛み合わせが悪い)に加え、
インプラント治療の方法、歯科医師側の知識、インプラントメーカー各社のコンセプト(最先端のコンセプトが間違っていることも)、歯を作る工程やインプラント自体の品質なども問題になります。
ニューヨーク大学には、世界中の患者さんが来られていたので、対応しなければならないインプラントシステムも多岐にわたり、苦労させられると同時にとても勉強になりました。
もしインプラントに何かあった時に、インプラントの種類を特定するのは記録が残っていないととても苦労します。
この種類がわからないと正しいリカバリーが難しくなります。
そのようなことから、当院ではインプラントの治療後に保証書にしっかりとインプラントの品番の情報も記載させていただき大切な情報であることをご説明しております。インプラントの歯を作る時の模型も保管しております。
通常模型は医院で保管させていただいておりますが、遠方に転居されて通院が困難な場合は、模型もお渡ししております。
皆様は、ご自身のインプラントがどのメーカーでどの種類かご存知ですか?
知らなくてもいいですが、医院に記録が残っていて照会できるか、手元にあることがとても大切です。
これに加えて、インプラント治療後のレントゲンや写真などもあるととてもいいです。
何かしらの理由で転院される場合は、
上記の情報をもらい新しい歯科医院で情報を共有していただくと、
メンテナンス時、もしものトラブル時にも、適切な対応を受けていただきやすくなると思います。

インプラントの仮歯

インプラント治療時にお作りした模型
フェスティバルタワー筒井歯科では、インプラント治療を行なった患者さまの
模型や仮歯などは保存していますが、通院できなくなった方には、お渡ししています。
肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

無料カウンセリングをおこなっております

「歯を白くしたい」
「インプラントの相談をしたい」
「歯肉が下がって気になる」
「矯正を相談したい」

など、歯やお口の悩みはありませんか?
歯の健康に関する疑問・不安、治療内容に関する相談を受け付けています。
大阪・関西でお口でお困りの方は、何でもお気軽にご相談ください。

カウンセリングのご予約フォームはこちら

お電話でのご予約はこちら

診療時間
9:30〜13:30
14:30〜19:30

※休診日は日曜・祝日

※土曜PMの診療時間は14:30〜17:30です。

大阪・中之島で、安全性・美しさ・長持ちすることにこだわった治療をご提供します。

医療法人悠生会
フェスティバルタワー筒井歯科

〒530-0005

大阪府大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー15F

大阪メトロ・京阪の2駅に直結

京阪中之島線「渡辺橋駅」下車12番出口直結

大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」下車4番出口直結

大阪メトロ御堂筋線・京阪「淀屋橋駅」下車7番出口より徒歩7

JR東西線「北新地駅」下車11-5番出口より徒歩10

各線「大阪駅」下車桜橋口より徒歩13