インプラント・入れ歯・ブリッジ・差し歯の違い

歯を失った時の治療の選択肢は、「インプラント治療」、取り外し式の「入れ歯」、固定式の「ブリッジ」の3つの治療方法があります。
差し歯は、歯の根が残っていて土台を作ることができる場合、その上に被せ物をする治療ですので、歯が抜けてしまうと行えません。

入れ歯(義歯)について

部分入れ歯(義歯)

部分入れ歯は、歯が抜けた部分の歯茎に人工の歯がついたピンク色の床を乗せ、残っている歯に留め金(クラスプ)を掛けて安定させる方法です。 1本だけ歯を失った場合から、歯が1本しか残っていない場合まで用いることができます。

入れ歯(義歯)

総入れ歯(義歯)

上顎の歯の全部、下顎の歯の全部、あるいは上下顎両方の歯が全部なくなった場合は総入れ歯が用いられます。

歯が全部ないために留め金を利用した義歯の固定を行うことができません。

メリット

  • 保険適応内の義歯は比較的安価
  • 治療回数や期間が比較的短い

デメリット

  • 取り外しが面倒
  • 噛む力が弱くなる
  • 留め金をかけた歯に負担がかかる
  • 口を開けたときに引っ掛ける金属が目立つ(部分入れ歯の場合)
  • 安定しないため食べ物が挟まる
  • 安定しないため痛みや食べづらさがでることがある

インプラントを入れ歯と比較すると

  • ●ぐらつかず、違和感なく噛むことができる
  • ●しっかりと噛め、美味しく食べられる
  • ●天然歯と変わらない見た目になる
  • ●保険の入れ歯と比較すると費用がかかり、治療期間が長くなる
  • ブリッジについて

    歯を1、2本失った場合、歯を失った部分の両脇の歯を支えにして、そこに橋(ブリッジ)の様に、一体型の被せ物を装着する治療方法です。

    ブリッジ

    メリット

    • 固定されるので、入れ歯のように動かない
    • 保険治療適用のブリッジの場合、価格を抑えられる
    • 歯を削るのみで治療ができるので、手術が必要ない
    • 噛む感触が自分の歯と近い

    デメリット

    • ブリッジの支えとなる歯を削らなければならない。
    • 支えとなった歯に大きな力がかかるようになるので、もともと健康であった歯の寿命を縮める恐れがある
    • 保険治療適用の場合、銀歯とプラスチックの素材で作られるので、見た目が悪い
    • ブリッジと歯茎の間に食べかすが詰まりやすく、虫歯や歯周病の原因になりやすい
    • 支える歯が無いとできない

    インプラントをブリッジと比較すると

  • ●健康な歯を利用しないため、両隣の自分の歯を保てる
  • ●健康な歯を削らずにすむ
  • ●違和感がない
  • ●保険適応のブリッジと比較すると費用がかかり、治療期間が長くなる
  • インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較

    それぞれの治療にメリット・デメリットがあります。

    症状にあった治療方法を選択するためには、メリットだけでなくデメリットも把握することが大切です。
    インプラント ブリッジ 入れ歯
    安定性

    ・安定性がある
    ・半永久的に使用可能

    安定性はあるが限界がある(7〜8年)

    調整や作り変えの必要がある

    違和感

    違和感なし

    ほぼ違和感なし

    ×

    違和感・異物感あり

    咬合力

    天然歯と同様に咬める

    ほぼ天然歯と同様に咬めるが、過度な負担は加えられない

    ×

    ・咬む力は劣る
    ・過度の負担を加えると隣接する歯への負担が大きく痛みを伴う

    審美性

    優れている

    優れている

    ×

    劣る

    歯への影響

    全く無い

    ×

    隣接する健康な歯を削る必要がある

    ×

    歯を削る事はないが、バネをかけている歯などへの負担が大きい

    治療本数

    多くても可能

    ×

    欠損数が多いと不可能

    多くても可能

    手術
    ×

    外科手術が必要

    必要なし

    必要なし

    治療期間
    ×

    2ヶ月〜1年期間必要

    比較的短時間

    比較的短時間

    経済性
    ×

    保険適用外

    保険適用可能
    欠損数によっては不可

    保険適用可能

    インプラント
    安定性

    ・安定性がある
    ・半永久的に使用可能

    違和感

    違和感なし

    咬合力

    天然歯と同様に咬める

    審美性

    優れている

    歯への影響

    全く無い

    治療本数

    多くても可能

    手術
    ×

    外科手術が必要

    治療期間
    ×

    2ヶ月〜1年期間必要

    経済性
    ×

    保険適用外

    ブリッジ
    安定性

    安定性はあるが限界がある(7〜8年)

    違和感

    ほぼ違和感なし

    咬合力

    ほぼ天然歯と同様に咬めるが、過度な負担は加えられない

    審美性

    優れている

    歯への影響
    ×

    隣接する健康な歯を削る必要がある

    治療本数
    ×

    欠損数が多いと不可能

    手術

    必要なし

    治療期間

    比較的短時間

    経済性

    保険適用可能
    欠損数によっては不可

    入れ歯
    安定性

    調整や作り変えの必要がある

    違和感
    ×

    違和感・異物感あり

    咬合力
    ×

    ・咬む力は劣る
    ・過度の負担を加えると隣接する歯への負担が大きく痛みを伴う

    審美性
    ×

    劣る

    歯への影響
    ×

    歯を削る事はないが、バネをかけている歯などへの負担が大きい

    治療本数

    多くても可能

    手術

    必要なし

    治療期間

    比較的短時間

    経済性

    保険適用可能

    差し歯とインプラントの違い

    インプラントと差し歯は間違われやすい治療です。

    差し歯とは、自分の歯の根っこがある状態で、土台を作り、上に歯になる被せ物を作る治療です。

    インプラントは、歯を失ってしまい、歯の根っこ部分も無くなった場合の治療です。歯の根っこ(歯根)の代わりとなるのがインプラントです。

    インプラント
    差し歯は自分の歯の根が残っている場合に行う治療で、
    インプラントは歯を失った場合に行う治療です。

    歯の根っこ部分に人工的な土台を作り、その上にかぶせるものを「被せ物」や「差し歯」と呼んでいます。

    差し歯(被せ物)は保険診療のプラスチックや金属でできたものや、自費診療のセラミックでできたものまで、素材により種類があります。

    • 当院が選ばれる6つの理由
    • インプラント治療が不安な方へ 痛み・リスク・料金
    • インプラントを考える前に その歯は残せるかも?
    • 歯科医師の考える、歯科医院の選び方

    無料カウンセリングをおこなっております

    「歯を白くしたい」
    「インプラントの相談をしたい」
    「歯肉が下がって気になる」
    「矯正を相談したい」

    など、歯やお口の悩みはありませんか?
    歯の健康に関する疑問・不安、治療内容に関する相談を受け付けています。
    大阪・中之島・肥後橋でお口でお困りの方は、何でもお気軽にご相談ください。

    ※各種保険診療に対応。

    カウンセリングのご予約フォームはこちら

    お電話でのご予約はこちら

    診療時間
    9:30〜13:30
    14:30〜19:30

    ※休診日は日曜・祝日

    ※土曜PMの診療時間は14:30〜17:30です。

    大阪・中之島・肥後橋で、安全性・美しさ・長持ちすることにこだわった治療をご提供します。

    医療法人悠生会
    フェスティバルタワー筒井歯科

    〒530-0005

    大阪府大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー15階

    アクセス 交通 大阪メトロ・京阪の2駅に直結

    大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」下車4番出口直結

    京阪中之島線「渡辺橋駅」下車12番出口直結

    大阪メトロ御堂筋線・京阪「淀屋橋駅」下車7番出口より徒歩7

    JR東西線「北新地駅」下車11-5番出口より徒歩10

    各線「大阪駅」下車桜橋口より徒歩13

  • 電話で診療・相談のご予約
  • Webでのご予約
  • 大阪・中之島でインプラントの治療をお考えの方はフェスティバルタワー筒井歯科にご相談ください!