インプラントとは?

インプラントとは?

インプラントとは、むし歯や歯周病などで歯が失われた時に用いる治療です。
歯の根の代わりとしてインプラント本体を顎の骨に埋め込み、セラミックの歯をかぶせることで、天然歯に近い強度と美しさを備えた新たな歯をつくります。

インプラント本体は、アレルギーが起きにくいチタンで作れており、人体に優しく安全です。骨としっかりとくっつくので、しっかり噛むことができます。
以前はブリッジや入れ歯の治療しか選択肢はありませんでしたが、インプラントの治療で、快適な噛み心地と、見た目にも優れた第二の自分の歯を手に入れることが可能になりました。

インプラント
インプラントの長所
  • ●天然歯と同じようにしっかりと噛むことができる
  • ●残った健康な歯を削らないで治療できる
  • ●部分入れ歯のように隣の歯に負担をかけないで治療できる
  • ●入れ歯のような煩わしさが無く、お手入れも天然歯と同じようにできる
  • ●自然で美しい口元になる
  • インプラントの構造について

    歯の構造

    インプラントの説明の前に、まずは、歯の構造に関してご説明いたします。

    歯には目に見える歯茎の上の部分だけではなく、歯茎の下には根っこの部分があり、骨にくっつき、歯を支える重要な役割があります。
    見えている白い部分だけがむし歯などで失われた場合は、歯の根っこ(歯根)を支えにして被せ物(差し歯)で治療ができますが、歯を失った場合は、歯の根っこがなくなり、支えるものがありません。そこで、歯の根っこに変わる役割を担うのがインプラントです。

    歯の構造

    インプラントの構造

    インプラントは、『インプラント本体(人工歯根)・土台(アバットメント)・被せ物(上部構造)』の3つのパーツから構成されており、それぞれはお互いにネジやセメントで連結されているのが一般的な基本構造です。

    インプラント本体はチタンでできているため、人体に優しく、骨と強く結合します。

    インプラント構造図

    「インプラント本体(人工歯根)」について

    チタン製のネジのようなもので、失った歯の根の代わりになります。骨とくっつき歯を支える部分で歯の根として顎の骨に埋め込む部分です。

    素材は、人体に優しく骨と結合する性質を持つチタンかチタン合金で作られているものがほとんどです。太さは約4mm程度、長さは約1cm程度のものが多く、骨のサイズ、量、形態に合わせて様々な形や特性を持つインプラントがあります。

    現在日本では、20数種のインプラントが各社から販売されています。筒井歯科では、その中でも信頼性が高く世界でもトップのシェアを持つ2社のストローマン社製、ノーベル社製のものを使用しています。

    人工歯根 インプラント本体

    土台(アバットメント)について

    土台はアバットメントと呼ばれ、被せ物(上部構造)とインプラント本体(人工歯根)をつなげる連結部分です。

    インプラント本体と土台の連結部分は歯茎に接する境目になります。この境目から歯周病菌などが入り込むとインプラントも歯周病になるので、インプラントを長期に使っていただくために大変重要な部分です。
    当院では、歯肉の量や形、骨の状況を踏まえて適切なインプラントと土台の関係になるように、土台(アバットメント)の選択と設計を行います。

    土台 アバットメント

    「被せ物(上部構造)」について

    天然の歯の上部(歯冠部)に相当し、外から「歯」として見える白い部分です。

    筒井歯科では、この被せ物はオーダーメイドのセラミック製のを標準で使用しています。ジルコニアという人工のダイヤモンドとも呼ばれる強度が高いセラミックを土台にして、技術を持った歯科技工士が陶材を盛り付けて製作します。美しく自然に見えるだけではなく、噛み心地をよくする、食べ物が挟まらないようにする、歯磨きをしやすくする(長持ちさせるため)などを踏まえて製作を行います。

    人工歯 上部構造

    差し歯とインプラントの違い

    インプラントと差し歯は間違われやすい治療です。

    差し歯とは、自分の歯の根っこがある状態で、土台を作り、上に歯になる被せ物を作る治療です。

    インプラントは、歯を失ってしまい、歯の根っこ部分も無くなった場合の治療です。歯の根っこ(歯根)の代わりとなるのがインプラントです。

    インプラント
    差し歯は自分の歯の根が残っている場合に行う治療で、
    インプラントは歯を失った場合に行う治療です。

    歯の根っこ部分に人工的な土台を作り、その上にかぶせるものを「被せ物」や「差し歯」と呼んでいます。

    差し歯(被せ物)は保険診療のプラスチックや金属でできたものや、自費診療のセラミックでできたものまで、素材により種類があります。

    インプラントのメリット、デメリット

    インプラントのメリットは、失った歯の機能を取り戻すことができる唯一の治療という点です。歯を失って食べられ無くなったり、口元にコンプレックスを持ってしまっていた状態から開放され、生活に豊かさが戻ってきます。しかしながら、治療期間が長めになる、保険治療と比較すると治療費が高額になります。

    メリット

    • メリット1.しっかりと強く噛める
    • 歯を失った場合に行われる歯科治療の中で、噛む力が最も天然歯に近いのがインプラントです。インプラント本体の上に被せ物(上部構造)が固定されているため、安定性がよく、固いものも天然歯と同じように噛むことができます。機能的にも精神的にも天然歯に負けない充実感が得られます。
      メリット1
    • メリット2.違和感がありません。
    • インプラントは顎の骨(歯槽骨)にしっかりとくっつくため、義歯やブリッジとは異なり、違和感やはずれる心配はほとんどありません。「はずれるかもしれない」という不安がないため楽しく食事やおしゃべりができます。また義歯のように取り外しがありません。
      メリット2
    • メリット3.周囲の歯に負担が少ない
    • 入れ歯を支える金属で周辺の歯に負担がかかったり、ブリッジの場合は天然の歯を削って土台にするなど、残った自分の歯に大きな負担がかかります。結果として、残った歯も悪くなり抜けてしまう場合が多いです。インプラントは、インプラント自体が無くなった歯を補うので、残っている歯の健康を守ります。
       
    • メリット4.自然で美しい仕上がり
    • 見た目は天然歯と変わりなく、美しく自然な口元に仕上がります。またご希望であれば、元の状態より白い歯にするなど、患者様が理想とされる口元を実現します。
      メリット4
    • メリット5.骨がやせていくのを防ぐ
    • 歯が抜けてしまうと、歯を支えていた骨が痩せていってしまします。入れ歯やブリッジでは防ぐことができません。インプラントは天然歯と同様に顎の骨(歯槽骨)の中にしっかりと埋め込まれているため、食べる度にかむ力が直接骨から脳に伝わり、骨がやせていくのを防ぎます。口全体の骨がやせて減ってしまうと、口元がくぼみ顔が老けた印象になってしまいます。
      メリット5

    デメリット

    • デメリット1.治療期間が比較的長い
    • 一般的な例で、インプラント本体が顎の骨(歯槽骨)と結合する期間だけで見ても上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月必要です。個人差があるものの、埋入には4~8ヶ月の治療期間になります。ただし現在では「即時インプラント治療」という、骨がしっかりしていれば1日で仮歯まで装着するやり方も可能になっています。
    • デメリット2.外科治療が必要
    • 一般的な歯科治療とは異なり、外科手術が必要です。手術中は、麻酔を適切に行うので、痛みはほとんどありませんが、術後の痛み・腫れの可能性があります。 特に骨造成(骨が少ない場合に必要な骨を造る治療)を行う場合には、3日目をピークとして10日程度、腫れがますし、痛みも出るので鎮痛剤を飲んでいただきます。骨造成を行わないインプラント治療であれば、痛み・腫れはほとんどないことが多いです。
      デメリット2
    • デメリット3.治療後にメンテナンスが必要
    • インプラントも、天然歯と同様にきちんとメンテナンスがされていないといけません。インプラントの歯周病と呼ばれる、インプラント周囲炎を起こします。これはインプラントの周囲の歯肉が赤く腫れ、ポケットから出血・膿がでて、進行すると歯槽骨が吸収されインプラントの脱落を招きます。天然歯と同じくプラークを残さないように、毎日の口腔ケアとプロによるメンテナンスが大切です。
      デメリット3
    いつまでも若々しく

    インプラントは、他の歯を失うリスクを高めることなく歯を補うことができ、骨が痩せるのを防げることから、将来シワ・たるみができやすくなるのを防ぐというメリットがあります。

    また、よく噛めることは認知症の予防にもつながります。将来のお口の中の健康は、きちんと食べられることに繋がり、食事は全身の健康において大きく影響します。将来的にも若々しく、健康的に幸せに過ごしたいという思いでインプラントされる方も多いです。。

    いつまでも若々しく

    インプラント治療の痛みについて

    インプラント手術中の痛み

    インプラント手術の時は、局所麻酔でインプラントを埋め込みます。ほとんど痛みは感じず、痛くなかったと言われる患者さまがほとんどです。しかし、痛みはありませんが、音や振動などは感じます。

    当院では、患者さまのご希望や症状・状況により、大阪歯科大学の歯科麻酔科の先生と連携し、「静脈内鎮静法」という方法を用いた手術が可能です。
    「静脈内鎮静法」は、点滴で薬をいれていく麻酔方法で、胃カメラ検査などで採用されている安全な方法です。治療中は完全に意識がなくなるわけではなく、浅く眠っている間に、治療の怖さや不快さを感じず、処置を終えることができます。 治療時に伴う緊張がなくなるため、血圧や脈拍は安定し、術後の体の疲れを軽減してくれます。

    静脈内麻酔

    インプラント手術後の痛み

    骨が十分にある通常のインプラント手術の場合は、麻酔が切れた術後、ほとんどの場合、痛みや腫れはありません。しかし、骨が足りない場合や骨造成が必要な場合に腫れたり、痛みがでたりします。

    当院では静脈内鎮静法で点滴で直接、痛み止め・腫れ止めを入れますので、強い痛みは少なくてすみます。

    インプラントの寿命

    インプラントは、10年間の残存率95%以上と言われています。

    ブリッジは7〜8年、入れ歯は4〜5年という。しかし、インプラントも天然歯と同様にインプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」にかかると、インプラントを使い続けることができなくなってしまいます。またかみ合わせの偏りや歯ぎしりなどで、歯の部分(上部構造)がかけてしまったりします。せっかくのインプラントを長持ちさせるために、定期的にメンテナンスにお越しください。

    インプラントの寿命 10年間の残存率95%

    治療費について

    患者さまの体質や症状によって異なり様々な治療方法があるため、治療費もさまざまです。

    当院では、長くインプラントを使っていただくために、患者さまのかみ合わせの状況やお口のなかのこと、インプラントを入れた後の口元や歯ぐきのことなど多くの視点から考え、患者さまに最も適している治療を提供します。またインプラントは標準で最上位のものを使用しています。

    インプラントの治療費は自費診療です。基本的に医療費控除の対象になります。

    インプラント1本の場合

    月々¥4300(120回払い)
    ¥430,000(一括)

    ※上部構造(オーダーメイドのセラミック製)を含む
    ※相談料・説明料、投薬の薬代、抜歯や型取りなどの諸処置を含む


    代金に含まれないもの:

    CT撮影料、骨の再生費用や歯肉造成(必要な場合)、静脈内麻酔(必要な場合)

    費用の仕組み

    インプラントのご不安な点、なんでもご相談下さい。

    インプラントに関して、ご不安な点はきっと多いと思います。筒井歯科ではインプラント手術から被せ物を入れるまで筒井純也院長自ら行います。もちろん、しっかりとお話をお聞きし、治療のゴールを一緒に決めさせていただいた上で治療技術があるから、他の医院で断られた方や、知識・経験が必要な治療方法にも対応することができます。


    ※初診時にインプラントをご検討の方は、院長が担当します。カウンセリングご予約時にインプラントを検討していることをお伝え下さい。

    院長 筒井純也

    無料カウンセリングをおこなっております

    「歯を白くしたい」
    「インプラントの相談をしたい」
    「歯肉が下がって気になる」
    「矯正を相談したい」

    など、歯やお口の悩みはありませんか?
    歯の健康に関する疑問・不安、治療内容に関する相談を受け付けています。
    大阪・中之島・肥後橋でお口でお困りの方は、何でもお気軽にご相談ください。

    カウンセリングのご予約フォームはこちら

    お電話でのご予約はこちら

    診療時間
    9:30〜13:30
    14:30〜19:30

    ※休診日は日曜・祝日

    ※土曜PMの診療時間は14:30〜17:30です。

    大阪・中之島・肥後橋で、安全性・美しさ・長持ちすることにこだわった治療をご提供します。

    医療法人悠生会
    フェスティバルタワー筒井歯科

    〒530-0005

    大阪府大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー15階

    アクセス 交通 大阪メトロ・京阪の2駅に直結

    大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」下車4番出口直結

    京阪中之島線「渡辺橋駅」下車12番出口直結

    大阪メトロ御堂筋線・京阪「淀屋橋駅」下車7番出口より徒歩7

    JR東西線「北新地駅」下車11-5番出口より徒歩10

    各線「大阪駅」下車桜橋口より徒歩13

  • 電話で診療・相談のご予約
  • Webでのご予約