no-image

聞いただけで痛〜い、歯の治療の歴史 【肥後橋・西梅田・中之島・淀屋橋で歯科をお探しの方/フェスティバルタワー筒井歯科】

みなさまこんにちは、歯科助手のアルチャナです!
いきなりですが歯の歴史についておもしろい話を聞いたのでご紹介したいとおもいます^ ^
むし歯治療といえば、現代でも「痛くてやだな・・・」と思う方が多いかと思います。でも、ちょっと想像してみてください。歯を削る器械や麻酔がなかった時代には、いったいどんなふうに治療をしていたのか・・・。
想像するだけで痛くなる・・・
実は、歯は鉄より硬く、簡単には削れません。医師が現在のように削れるようになったのはここ50年ほど。それまで、むし歯はドリルなどでえぐり取るしかなかったのですが、苦痛が大きい割に治癒率が低いので「痛みがでたら抜歯」が基本でした。
とはいえ、麻酔を使うようになったのがわずか150年前のことです。それまでは麻酔なしでの抜歯でした。そも痛みは想像を絶するもので、まさに「拷問」だったそうです。(ちなみに、麻酔を初めて使ったのは歯科治療です!)
そこで「いかに早く抜くか」が求められ、14世紀には通称「ペリカン」と呼ばれる器具が出現し、その後「歯鍵(Tooth Key)」に代わり、やがて今も使われる「鉗子」へと発展していきます。
歯科医療における画期的発明!
そして1960年代、ついに自在に歯が削れる画期的器械が登場します。それが「エアタービン」です。「エアタービン」とは風の力で歯を削るための器具(バー)を高速回転させるものです。なんと1分間に30万回以上も回転します。
歯科でよく聞く「キュイーン」という音は、まさにこのエアタービンの音です。不快な方もいるかもしれませんが、この器械のお陰で患者さんの治療の負担を大きく減らすことに成功したのです
進化したのは治療だけじゃない!
現代の歯科治療では、歯を抜かないだけでなく、削る量も最小限にするよう、さまざまな技術や治療器具が開発されています。とはいえ、一番幸せなのは、そもそも「むし歯にならないこと」にほかなりません。
今は治療だけでなく「予防」もかなり発達しています。
昔の人なら誰もがうらやむような、確実に自分の歯を守れるすばらしい時代です。ぜひみなさんには、歯で苦労することなく、いつまでも豊かな食生活を送っていただきたいと願っています。
肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

無料カウンセリングをおこなっております

「歯を白くしたい」
「インプラントの相談をしたい」
「歯肉が下がって気になる」
「矯正を相談したい」

など、歯やお口の悩みはありませんか?
歯の健康に関する疑問・不安、治療内容に関する相談を受け付けています。
大阪・関西でお口でお困りの方は、何でもお気軽にご相談ください。

カウンセリングのご予約フォームはこちら

お電話でのご予約はこちら

診療時間
9:30〜13:30
14:30〜19:30

※休診日は日曜・祝日

※土曜PMの診療時間は14:30〜17:30です。

大阪・中之島で、安全性・美しさ・長持ちすることにこだわった治療をご提供します。

医療法人悠生会
フェスティバルタワー筒井歯科

〒530-0005

大阪府大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー15F

大阪メトロ・京阪の2駅に直結

京阪中之島線「渡辺橋駅」下車12番出口直結

大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」下車4番出口直結

大阪メトロ御堂筋線・京阪「淀屋橋駅」下車7番出口より徒歩7

JR東西線「北新地駅」下車11-5番出口より徒歩10

各線「大阪駅」下車桜橋口より徒歩13