«  2017年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年8月27日

みなさまこんにちは😆
本日は眼とお口の意外な関係についてお話しします!

■小学生の28.9%に何が、、、!?
文部科学省では、子どもの健康診断結果を、毎年「学校保健統計調査」として発表しています。この調査によると、昭和24年にはわずか6%だった小学生の近視が、平成23年には、28.9%にも増えているとのこと。この60年の間に、なんと5倍近くも、、、、。いったい子どもたちに何があったのでしょうか?

■子どもの筋力の低下
眼は「毛様体筋(もうようたいきん)」という筋肉が、水晶体というレンズを調節しています。ですから、この筋肉が弱まると、うまくレンズを調節できなくなり眼が悪くなります。つまり、成長期であるにもかかわらず、今の子どもたちは「毛様体筋」のレンズを調整する機能が弱まっているということなんですね。

■眼とお口はつながっている!
でも、眼の筋肉だけは鍛えるのは難しそうですよね。ではどうすればよいのでしょうか?ズバリその答えは「しっかり噛むこと!」実は、毛様体筋は、咀嚼筋(そしゃくきん)という噛むための筋肉につながっています。
咀嚼筋は顔の筋肉の中でも一番鍛えやすい筋肉。ですから、咀嚼筋をよく動かせば、毛様体筋を鍛えることにもつながります。
また、しっかり噛むことは、むし歯予防や栄養摂取の助け、肥満予防などにつながります。特に小さいお子さまをお持ちの方は、下のような方法を試してみてください。


◯噛む力を鍛える方法◯
●飲み込む前に、もう5回噛む
●食材を大きめに切る。
●歯ごたえのあるものを食べる。
●食事中になるべく水分をとらない。


是非ご参考になさって下さい*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


フェスティバルタワー筒井歯科
受付 石川

肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

2013年8月 9日

皆さん「医療費控除」という言葉をご存じですか?
確定申告をしたことがない方には馴染みがないかもしれませんが、
確定申告をすることで、支払った医療費の総額に応じて所得税が戻ってくる制度です。
平成25年度分は平成26年2月17日から3月17日の間に申告することができます。


●こんなものも対象に?!
ところで、「医療費控除」というと、一見、病院に払ったお金だけが対象に思えますよね。
でも、その対象はもっと幅広いのです。
下記一覧をご覧ください。

医療費控除の対象になるもの
治療費・出産費・通院のための交通費・市販薬など

医療費控除の対象にならないもの
車のガソリン代・予防的処置・人間ドックの費用等


市販の風邪薬や公共の交通費など、意外なところでは介護に使用するおむつ代なども対象になるのです。
※詳しくは国税局のホームページをご覧ください。


●もちろんフェスティバルタワー筒井歯科でも!
つめものやかぶせものをした場合の治療費も対象です。
これは保険治療だけでなく、白いつめものやかぶせものなど自費診療をした場合でも「医療費控除」の申請ができます。

☆医療費控除の対象になる歯科治療
保険診療・自費診療

☆医療費控除の対象にならない歯科治療
審美目的の処置・歯科検診・ホワイトニングなど

皆様、領収証は大切に保管しておいてくださいね☆

フェスティバルタワー筒井歯科
受付 石川


肥後橋・西梅田・渡辺橋・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

医療費控除
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
フェスティバルタワー筒井歯科

フェスティバルタワー
筒井歯科

〒530-0005
大阪市北区中之島二丁目
3番18号
中之島フェスティバルタワー15F