«  2019年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 2月【肥後橋・西梅田・中之島・淀屋橋で歯科をお探しの方/フェスティバルタワー筒井歯科】 | メイン | 4月のハッピーバースデー♪【肥後橋・西梅田・中之島・淀屋橋で歯科をお探しの方/フェスティバルタワー筒井歯科】 »

2019年3月25日

皆さまは『高濃度フッ素歯磨き剤』をテレビやネットで耳にしたことがありますか?
高濃度ってどれくらいを意味するのかご存知でしょうか?

日本では、歯磨き剤に配合されるフッ素濃度が2017年3月から国際基準(ISO)に則ってフッ素濃度上限が1000ppmから1500ppmになりました。
それ以来各メーカーが上限に対応したフッ素濃度1450ppmの歯磨き剤を発売しており、これを高濃度フッ素配合歯磨き剤と表現しているんです。
(ちなみに、1500ppmなのに実際の製品は1450ppmなのは規定より、1ppmでも多くフッ素を配合したら承認濃度をオーバーしてしまい、販売できなくなるためだそうです)

《フッ素上限が上がると効果はどう変わる?》
①虫歯が減る
アメリカのフロリダ州での研究では1000ppmと1500ppmの歯磨き剤を3年間使用して、虫歯のできた歯面数の比較では、21,8%も低減した

②根面虫歯が減った
アメリカのアイオワ州の研究では1ppm未満と1100ppmの歯磨き剤を1年間使用して根面に生じた虫歯の本数の比較では、67%低減した

このように高濃度フッ素配合歯磨き剤は虫歯予防効果がデータからも見込めそうですね。
WHO(世界保健機構)からも「1000ppm以上のフッ素濃度では500ppm濃度が高くなることに虫歯予防効果が6%上昇する」と発表されています。

ホームケアでの虫歯予防の効果を知ってうまくとりいれていただければ嬉しいです。

歯科衛生士 宇堂

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.festival-shika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1024

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
フェスティバルタワー筒井歯科

フェスティバルタワー
筒井歯科

〒530-0005
大阪市北区中之島二丁目
3番18号
中之島フェスティバルタワー15F