«  2017年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« Happy Birthday!!!【肥後橋・西梅田・中之島・淀屋橋で歯科をお探しの方/フェスティバルタワー筒井歯科】 | メイン | 年末年始【肥後橋・西梅田・中之島・淀屋橋で歯科をお探しの方/フェスティバルタワー筒井歯科】 »

2017年11月22日

今年もあと1か月!
あっと言う間に冬になりましたね。
私はこの冬、体調キープの為に「マヌカハニー」を食べ始めましたが、まだ効果はわからないです。笑
さて、2017 年3月に日本でのフッ素配合製品のフッ素濃度が1000ppmFからより効果の高い1500ppmFになりました。
1500ppmFは予防先進国のスウェーデンなどと同じ濃度です

現在のフッ素配合歯磨剤は国内シェアは約90%です。
歯磨剤全部にフッ素が入っているわけでもなく、フッ素濃度も様々...しっかり選ぶ必要があります。

色々なメーカーから今、配合濃度が1450ppmFの歯磨剤が販売され始めできましたが、当院でもライオン歯科材さんから販売されている
「チェックアップ スタンダード」
の1450ppmFの新処方タイプを導入しました。
(あれ?1500ppmFまでの濃度でって話なのになんで1450ppmF濃度?と疑問に思われると思いますが、
歯磨剤を製造する際に規定よりフッ素を配合してしまうと販売できなくなることを避ける為に実際の製品は上限ギリギリの濃度ではなく、1450ppmFの設定で製造されているそうです)

1450ppmF濃度は6歳未満の子どもさんには使用を控えてもらうという

日本の歯磨剤メーカーの自主基準が設けられました。
フッ素濃度が上がっても量や使い方ににもコツがもあります。
口の中の状態によってもおすすめは異なりますので、歯科医院を受診されることおすすめいたします。

歯科衛生士 うどう

うどう.jpg

肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.festival-shika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/980

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
フェスティバルタワー筒井歯科

フェスティバルタワー
筒井歯科

〒530-0005
大阪市北区中之島二丁目
3番18号
中之島フェスティバルタワー15F