«  2017年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 新年度!歯科をお探しなら筒井歯科へ【肥後橋・西梅田・中之島・淀屋橋で歯科をお探しの方/フェスティバルタワー筒井歯科】 | メイン | 4月スタート!【肥後橋・西梅田・中之島・淀屋橋で歯科をお探しの方/フェスティバルタワー筒井歯科】 »

2017年4月 1日

こんにちは!
歯科衛生士の板倉です!
寒くなったり暖かくなったりまだまだ気候が不安定な時期が続いてますがみなさん体調はいいかがですか(>_<)

今日は喫煙についてお話します。
ご存知の通り、喫煙はガンをはじめ様々な病気の原因となります。お口の病気も例外ではありません。

【むし歯になりやすい】《喫煙でむし歯のリスクが高くなる
むし歯はむし歯菌によって歯が溶かされる病気です。実は食事の度にむし歯菌によって溶かされています。しかし、多少溶けたとしても唾液の作用により再び元に戻ります。
つまり、歯の表面は普段から溶けたり、戻ったりを繰り返しています。しかし喫煙をしていると唾液の量が減ってしまうため、溶けた歯を元に戻す機能が低下します。こうして歯が溶ける状態が続くとやがては治療が必要な状態になってしまいます。さらに細菌の塊である『プラーク(歯垢)』は歯の表面についたタールに付着しやすくなるので、さらにむし歯のリスクが高まります。


【細菌が『悪臭』を発生させる!】《喫煙により増殖する細菌が口臭の原因
喫煙は唾液量を減らします。すると口の中が乾燥し、『ドライマウス』と呼ばれる状態を引き起こします。ドライマウスになると、口の中の細菌がどんどん繁殖します。細菌が増えると口の中がネバネバし、口臭がひどくなります。つまり喫煙は、煙の匂いだけでなく、口臭そのものを引き起こすのです。


【免疫力低下→『歯周病』のリスクが高まる!】《歯周病もむし歯と同じように喫煙でリスクが高まります
歯周病は歯周病菌が原因です。
通常は免疫機能を持つ『白血球』がこの歯周病菌と戦っているため、症状の進行が抑えられています。
しかし、喫煙をしていると、この白血球の免疫機能が著しく低下し、さらにはニコチンにより血管が収縮してしまうため、白血球そのものが運ばれにくくなります。
つまり、喫煙をしていると歯周病になりやすく、さらには治療しても治りがとても悪くなってしまうのです。

すぐに禁煙は難しいと思いますが、この機会に減煙から始めてみませんか?

肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
フェスティバルタワー筒井歯科

フェスティバルタワー
筒井歯科

〒530-0005
大阪市北区中之島二丁目
3番18号
中之島フェスティバルタワー15F