«  2017年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 定期健診について | メイン | 口臭の原因と予防【肥後橋・西梅田・中之島・淀屋橋で歯科をお探しの方/フェスティバルタワー筒井歯科】 »

2017年1月18日

こんにちは、歯科衛生士の松田です。

本日は、歯ブラシの交換時期についてお話ししたいと思います!

皆さんはどのタイミングで歯ブラシを交換していますか?
毛先が広がってから交換とお考えの方も多いかと思いますが、目安は1ヶ月に一度と言われています。

まず、毛先が広がってしまった歯ブラシですが、新品時の6割程度しか歯垢が取れません。
その理由は、歯ブラシは毛先が開くと、歯にきちんと当たりにくくなるためです。
汚れを落とす力が弱くなるばかりでなく、歯茎を傷つけてしまうこともあります。
逆に、1~2週間ほどで歯ブラシの毛先が広がる場合は、歯磨きの力が強すぎることが原因ですので、余計な力が入らないように鉛筆を持つように歯ブラシを持つようにしましょう。

また、見た目には問題がなさそうでも、1ヶ月も使用すれば歯ブラシの毛先は摩耗し、毛の弾力もなくなってしまいます。

毛先が広がった歯ブラシでいくら丁寧にブラッシングをしても歯はきれいになりません。

歯ブラシは菌が繁殖しやすく、3週間もすると細菌の数は数万個から数億個にもなると言われています。
使用後は汚れを落として水分を取り、湿気のない所で保管しましょう。

歯ブラシは1ヶ月に一度交換するのが理想的です。
「毎月1日」など、歯ブラシの「交換日」を決めておくのもオススメです。

歯ブラシについてご不明な事があれば、いつでも声をお掛けください!

肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.festival-shika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/845

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
フェスティバルタワー筒井歯科

フェスティバルタワー
筒井歯科

〒530-0005
大阪市北区中之島二丁目
3番18号
中之島フェスティバルタワー15F