«  2016年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年9月30日

皆様、こんにちは。院長の筒井純也です。

がんは、日本において昭和56年より死因の第1位となりました。現状では、年間36万人以上の日本国民ががんで死亡しており、これは、3人に1人は"がん"が死亡理由となっております。日本は口腔がんの死亡者数が先進国で唯一増加しています。

皆さんは年に一度、定期的に学校や職場、医療機関などで検診を受診する機会があると思いますが、一般的な検診は対象の病気を定めずに、病気の早期発見を目的としています。それに対し、がん検診は体にがんがあるかどうか調べる検診です。

胃、大腸、乳房や口腔など、がんができる部位が異なればがんの特徴も変わってきます。
がん検診では、それぞれのがんを調べるのに適した検査が用意されています。口腔がん検診もその一つですが、早期発見のための個別検診率は欧米が約80%に対して日本は2%程度です。口腔がんは進行すると舌や顎、頰を切除する可能性が高く、食べたり話すことに支障が出るだけでなく見た目の悪さから生活の質が著しく下がる悲惨な病気です。

口腔がん検診は簡便で、痛みもない検査です。がんは早期発見がカギになります。
ぜひこの機会にがん検診受けていただければと思います。


肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科 

2016年9月16日


こんにちは!歯科衛生士の山本です。

皆さん、普段どんな歯ブラシを使っていますか?
いろんな種類の歯ブラシがありますよね(^^)
どれを使ったらいいんだろう、と思ったこともあるかと思います。
そこで、少しだけアドバイスをお伝えしようと思います!

まずは歯ブラシのかたさについて。
歯ブラシは毛先がかたいほど汚れが落ちやすくなります。しかし、
かたすぎると歯と歯の間に入りにくかったり、時には
歯ぐきを痛めてしまったりすることもあります。
ですので、基本的には『ふつう』のかたさを選びましょう!
他には、歯ぐきの腫れがある場合は刺激を少なくするために
『やわらかめ』の歯ブラシがおすすめです。

歯ブラシの大きさも重要ですね。
ご自身のお口に合ったサイズを選択しないと、磨き残しなどの
原因にもなります。

お口によって合う歯ブラシは違ってきますので、
どれがいいかわからない!とお困りな方は
是非一度当院にお越しください!
患者さまにぴったりの歯ブラシをおすすめします(^_-)⭐︎

肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科 

2016年9月 9日

こんにちは✨
最近大雨だったり、涼しくもなって来ましたがみなさん体調は崩されたりされてないでしょうか??(´・_・`)
秋はもうすぐそこですね!!食欲の秋、読書の秋、過ごしやすい秋が楽しみですね( ^ω^ )

さて、みなさんは虫歯どこが一番なりやすいところだと思いますでしょうか??
物を噛んだりする噛み合わせでしょうか?
奥の辺りの歯でしょうか?

実は歯と歯の間(歯間)ができやすい所です。ブラッシングで磨けるのは5割、6割です。
半分ぐらいはブラッシングで届かない歯間が磨き残しになり、残ったままになると虫歯になります。

皆さん歯間のケアされていますでしょうか?
日本人の方はフロスを使う習慣がまだまだ少ない状態です。
なので歯間の虫歯になる確率も高くなります。
歯間の虫歯はご自身で気づきにくく、気付いた頃には神経まで虫歯が広がってるということも少なくありません。
しばらく歯科医院に行かれてない方は一度お越しください(^ ^)
歯間の虫歯予防にフロスの使用をお勧めします。
フロスをお使い頂くと隅々まで歯垢(プラーク)が除去でき、歯周病予防や改善にも役立つ道具です( ^ ^ )/□
ご自身で歯を守って頂きたいので、使い方が分からない方はスタッフにお尋ねください。
スタッフ一同お待ちしております*・゜゚・*:.。..。.:*・'

肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科 

2016年9月 3日

みなさん、こんにちわ。歯科衛生士の板倉です。

今日は、親知らずのトラブルについてお話したいと思います☆

みなさん、親知らずは生えていますか?

親知らずは歯の一番奥にあり、しっかりと生えていないことが多く、そのため多くの方の悩みのタネになっています。
☆むし歯・歯周病・炎症の原因になる☆
しっかり生えていないと、親知らず周辺にむし歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)がたまりやすくなります。また一番奥にあるため歯ブラシが届きにくく汚れがたまりやすいため炎症を起こしやすくなります。
そうすると、親知らずそのものはもちろん、隣の歯までもがむし歯や歯周病のリスクにさらされることになります。
☆かみ合わせにも影響☆
しっかり生えていない親知らずは、しっかりとかみ合わないため、お口全体のかみ合わせにも悪影響を及ぼすことがあります。かみ合わせが悪くなると、アゴだけでなく身体全体にも影響することがあります。

❓抜歯したほうがいいの❓
しっかり生えていて、食事の際などにも機能はしている場合は、できるだけ抜かないようにします。しかし、横向きに生えていたり、頭だけが出ている、もしくはすでに大きなむし歯になっているような親知らずは、将来的にみて周りに悪影響を及ぼすと考えられる場合には、抜歯をオススメすることがあります。
こんな場合には抜歯をオススメすることがあります。
①他の歯が虫歯になりそうな場合
②歯並びを乱す場合
③歯茎が腫れる場合

このような症状があっても、親知らずを抜かないほうが良い場合もあります。
最終的に、親知らずを抜いたほうが良いか、そのままにするかはお口の状況によってさまざまです。今は平気でも、お口の状態は日々変化します。
親知らずが気になる人は、一度ご相談ください☆


肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科 

« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
フェスティバルタワー筒井歯科

フェスティバルタワー
筒井歯科

〒530-0005
大阪市北区中之島二丁目
3番18号
中之島フェスティバルタワー15F