«  2016年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年7月29日

 
こんにちわ。衛生士の長瀬です。

いよいよ本格的な夏が始まりますね!
今年は猛暑だそうですが体調にはお気をつけくださいね。

さて、ふとしたと時の姿勢はどのような姿勢をされていますか?


日常で正しい姿勢をしなければ腰痛や肩こりの身体症状を起こしやすくなる事はご存知だと思います。

背筋を伸ばして胸を張って!というのは子供の頃から言われてきた方がほとんどではないでしょうか。

実は、顎やお口にも正しい姿勢といったものがあるのです!

この事についてはご存知でない方が多いとおもいます。


では、正しいお口の姿勢をご紹介させていただきます。

上の歯と下の歯は普段何もしていない時は噛まずに2〜3ミリほど離しておきます。

舌の先は上の前歯の裏の辺り(上の顎と前歯の間)に接触させます。

この時唇はかるーく閉じたままです。

お仕事の際や、テレビを見ている時、日常でふとした時にご自身でお口の姿勢を確認してみてくださいね。

姿勢を正す事で、お口の健康ばかりでなく肩こりや頭痛も軽減されるかもしれません


お口にもリラックスが必要です♪もしよければ、一度お試しを♪

肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科  

2016年7月23日

皆様こんにちは。フェスティバルタワー筒井歯科院長の筒井純也です。
この度、研修参加および発表のためにイタリアのリミニを行ってきました。

今回訪問したARDEC(Ariminum research & Dental Education Center)は現在のインプラント治療に対してサイエンティフィックに貢献し続けている研究者で優れた臨床家でもあるDr.Daniele Botticelliがトップを務める研究機関です。

今回の訪問の目的は最新のヨーロッパでのインプラント治療の現状と、それを支える研究の概要を知るためでした。また、イタリアのインプラント専門医のグループにプレゼンテーションを行い、意見交換を行うこともできました。

私自身はインプラント治療先進国のアメリカに留学し、専門医教育を受けてきたベースがありますが、今回はヨーロッパの先生とディスカッションを行い多くの気づきがあり大変勉強になりました。

ニューヨーク大学のインプラント科に在籍しているときと比べ、現在は臨床医としての
仕事がメインですので、研究などに携わる機会がほとんどありませんが、上質な
インプラント治療の実践は、技術的なものがとても大切です。加えてその技術をサポートするサイエンスをしっかり理解し、研究することが大切であることを再認識しました。

ARDECという研究機関は臨床家の集まりです。臨床につながる研究を多数行い多くの
文献をパブリッシュしています。日々の臨床を行いながら、時間とお金を割いて、
インプラント治療に貢献しているイタリアの先生とお会いでき、その情熱に触れることができて幸せでした。また、研究を一緒にしないかとお誘いしていただけたことがとにかく嬉しかったです。

より良く安心で安全なインプラント治療を行うために精進を続けていきます。

イタリアはご飯も美味しく人柄も陽気で楽しかったです。
その時の写真をご報告します。

IMG_5819.jpg

IMG_2030.jpg

IMG_0256.jpg

IMG_5616.jpg

IMG_5650.jpg

IMG_5743.jpg

IMG_5798.jpg

IMG_5812.jpg


肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

2016年7月20日

こんにちは! 受付の淺野です。

今月は、衛生士・京井さんの誕生日です!
院長がケーキを用意してくださり、
診療後にみんなでお祝いをしました(≧∇≦)

もちろん、ケーキも美味しくいただきました!笑

京井さん、お誕生日おめでとうございます✨


IMG_4825.jpg


肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

2016年7月14日

こんにちは!
以前5月にキシリトールについて書かせて頂いてますが、今回は使用の仕方についてお伝えしたいと思います♪( ´▽`)
キシリトールには虫歯の原因となるミユータンス菌を甘味料の中で唯一弱められると言われています。そして、プラークをつきにくくする効果と剥がれやすくする効果があります。
歯の再石灰化を促してくれるので虫歯になりにくい口腔内になるということです。

効果的なキシリトールの摂り方について
⚪︎キシリトール100%の入ったガムやタブレットを!!
⚪︎歯磨き後のお口の中が清潔な状態で摂取する。
⚪︎キシリトールを口に含んでから、5分間以上唾液を飲み込まないで、
 口腔内にキシリトールを行き渡らせてください。
⚪︎1日3回以上を目安にして下さい。
(但し人によるとキシリトールの摂り過ぎでお腹がゆるくなることがあります。)

キシリトールには、お食事後のお口の中が酸性に傾いた時と、寝ている時は唾液の分泌量が減るので就寝前が効果的です。
長時間摂取し続けることで効果が出るので、3カ月は最低でも続ける必要があります。
3カ月経過して摂取をやめてしまうと、またミュータンス菌が増え始めてしまうので継続が大切です。*・゜゚・*:.。..。.:*・

虫歯にならないために
1 歯を磨く(フロスまでしっかり)
2 フッ化物配合歯磨剤
3 正しい食生活
4 定期的な歯科検診
+キシリトールを補助的に使ってみて下さい。
 ホームケアにフッ化物洗口も効果的です( ´ ▽ ` )ノ
 どれも継続が予防に繋がります☆*:.
肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

2016年7月12日

こんにちは! 受付の淺野です^ ^

皆さんは、ご自宅でペットを飼ってらっしゃいますか?

私は、トイプードルを2匹飼っています!!
12歳になるのに、まだまだやんちゃで悪さをする女の子と
お昼寝大好きで飼い主が帰宅してもスルーな超マイペースな女の子です(笑)

こちらは、やんちゃな12歳!セナちゃんです♡
ダイニングのイスからテーブルへとちょっとの隙間からよじ登る、
元気なおばあちゃんワンコです( ̄▽ ̄)
IMG_3999.PNG

私のペット事情をお話したところで、このあいだ知った驚きのお話をご紹介します!

それは...ウサギの歯のお話です。
ウサギは、毎日歯が伸び続けているそうです!!
生えかわることなく、1日に0.5ミリくらい一生伸び続けるそう。

これだけ聞くと、とんでもなく歯のながーいウサギさんがいるかと
思っちゃいますよね!?
でもその心配はご無用です(笑)

繊維分を多く含んでいる牧草などを咀嚼(そしゃく)することで、
歯と歯が擦り合って磨耗し、ちょうどいい長さを保っているそうです!

時には、何も食べていなくても、歯の長さの調節のためモグモグしていることも
あるとか!?

もしウサギを見かける機会があったら、みなさんチェックしてみてください☆

肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
フェスティバルタワー筒井歯科

フェスティバルタワー
筒井歯科

〒530-0005
大阪市北区中之島二丁目
3番18号
中之島フェスティバルタワー15F