«  2015年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年5月29日

みなさまこんにちは!
歯科助手のアルチャナです。

今日は歯科衛生士についてご紹介させて頂きます。

みなさん歯科衛生士って具体的にどんなことをしているかご存知ですか?
歯科衛生士とは、診療の補助はもちろんですが、歯周病治療や予防処置、保健指導を主に行い国家資格を持つ歯科治療にとってとても重要な人物です。
当院では患者様一人一人に担当衛生士を設け、一人一人に合った予防や治療プログラムを担当医師と連携し作成していきます。それに基づき歯周病治療のスペシャリストである歯科衛生士が最善の治療を行います。
歯周病の治療は患者様や私たち医療スタッフのどちらかの頑張りが欠けてしまうと思うように改善できません。歯科医師、衛生士の技術アップはもちろん、患者様とのコミュニケーションもとても大事なことです。時には生活習慣の改善から必要な場合もあります。
患者様の良き相談相手となり患者様と二人三脚で健康な歯を目指したいと思っています。

肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

2015年5月26日

みなさまこんにちは、歯科助手のアルチャナです。

今まで歯周病についていろいろ書いてきましたが歯周病が怖いのは、初期の段階ではほとんど自覚症状が無い事です。どんな病気でも症状が進行すればするほど治療が難しく期間も長くなってしまいます。下記に当てはまるものがないかチェックしてみてください!

□歯磨きなどで出血する

□お口の中がネバネバする、口臭がする

□歯茎が晴れている、赤い

□膿が出る

□歯がグラグラする

□昔より歯が長くなった気がする

□歯茎がムズ痒い


この中で当てはまるものはありましたか?
もしひとつでもあれば歯周病の可能性が高いので検査が必要です。

気になる方はお気軽にお問い合わせください!


肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科


2015年5月18日

みなさまこんにちは、歯科助手のアルチャナです。

前回「プラークと歯石」についてのブログを書いたときに「プラークコントロール」という言葉がでてきましたが、この「プラークコントロール」についてご説明させて頂きます。

プラークコントロールとはお口の中のプラーク(細菌の塊)を減らし、歯周病や虫歯を予防しよう!!という事です。プラークは食事をする度に歯に付着するので、毎日または毎食後歯磨きや歯間ブラシ、フロス(糸ようじ)で丁寧に確実に除去する事が大切です。自分では磨けているつもりでも、実は歯のすき間など磨けていない所がたくさんあります。歯周病治療は歯科医院でプラークや歯石の除去をする事も重要ですが、毎日のプラークコントロールが肝心なのです。
治療前に歯科衛生士より効果的な歯磨きの仕方をアドバイスさせて頂いております。自分に合った歯ブラシで確実に除去できるように歯磨きをマスターしましょう!!


肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

2015年5月11日

みなさまこんにちは、歯科助手のアルチャナです。
今日はプラークと歯石について書いていきたいと思います。


お口の中には数百、数億の細菌が棲息しています。これらの細菌が何らかの原因で増えすぎたり、細菌に食べカスが付着する事でプラーク(細菌の塊)が出て来てしまいます。毎日の正しいブラッシングでプラークを落とす事はできますが磨き残しがあると虫歯や歯周病を引き起こします。プラークを放置しているとやがて歯石になり通常の歯磨きでは落とす事が出来なくなります。

・治療方法について

歯周病を治療していくのは時間がかかります。なぜこんなに何回もかかるのだろうと不思議に思っている方も多いのではないでしょうか?実は、歯周病の治療はプラークコントロールや歯石除去、生活習慣の改善など様々な問題を解決しないといけないからです。まずは歯周病がどの程度進んでいるのか検査を行い1人1人に適した治療を行っていく事となります。


肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

2015年5月 8日

みなさまこんにちは、歯科助手のアルチャナです。

前回に引き続き3つ目をご案内させて頂きます。

③歯周病と糖尿病
糖尿病が歯周病と関係が深い事はずいぶん前から分かっていました。糖尿病を患っておられる方はインスリンが不足したり、働きが悪くなるため傷の治りも遅く、細菌感染を引き起こしやすくなり歯周病の進行を早めてしまうのです。反対に歯周病菌が産生する物質にインスリンの働きを邪魔するものがあり、そのため血糖値をコントロールするのが難しくなります。歯周病治療をする事で糖尿病の症状が良くなることも報告されているほどです。

◎インスリンとは?
インスリンとはすい蔵から分泌される血糖値を下げるホルモンです。健康な状態ではすい蔵から分泌されるインスリンは細胞に糖を届け、それにより細胞はエネルギーを蓄えます。糖尿病の場合インスリンの分泌量が減ったり効果が低下し細胞にうまく糖(栄養素)行き届きません。その結果、おのずと高血糖になってしまうのです。

これまで3つの悪影響についてご案内させて頂きましたが、このように歯周病は全身と大きく関わっているのです。全心疾患の予防のためにも毎日のケアと歯科医院でのメンテナンスがとても大切なのです。


肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
フェスティバルタワー筒井歯科

フェスティバルタワー
筒井歯科

〒530-0005
大阪市北区中之島二丁目
3番18号
中之島フェスティバルタワー15F