«  2015年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年3月25日

みなさまこんにちは。
歯科助手のアルチャナです。

今日は定期メンテナンスについてご案内させて頂きます。
当院では全ての治療終了後3ヶ月前後の定期メンテナンスをおすすめしております。

定期メンテナンスを行うことによってお口の未来が変わります。

①歯周病は人生を変える
 国の調査によると、80歳で平均10本しか歯が残っていないという結果がでています。
成人が歯を失う原因の約半数は「歯周病」です。そのほとんどが20〜40代にかかり、長い年月を経て少しずつ歯を失っていきます。
 一度治療しても、放っておくとまた進行する歯周病。定期的なメンテナンスは、歯周病の進行を食い止めるもっとも確実な手段です。


②虫歯は痛んでからでは遅い
 虫歯は早期に発見できれば、削らずに済む場合もあります。しかし、この段階では痛みは一切ありません。
 一方、はっきりと痛むほどにまで進行してしまうと、「神経」を取らなければならないこともあります。「神経」は栄養分も運んでいるため、取ってしまうと、その歯の寿命は著しく短くなってしまいます。そこで、定期メンテナンスでは虫歯の早期発見のためのチェックを行います。


③歯磨きだけでは防げない
 虫歯や歯周病の原因となる細菌のかたまり「プラーク」。毎日の歯磨きでしっかり落とすことがまず大切です。しかしそれでも、数ヶ月もするとほとんどの方のお口に強固な「歯石」や「バイオフィルム(細菌の膜)」ができてしまいます。
 そこで、定期メンテナンスでは、専門の器具を使って、これらを時間を掛けて丁寧に取り除きます。

定期メンテナンスの内容ですが、初めに歯周病の進行状況を調べるための「歯周ポケット」測定や、虫歯がないかなどの診査を行います。次にチェックした内容をもとに、歯石の除去や歯面清掃(PMTC)などをおこないます。虫歯がある場合は治療をおこないます。

検査内容、治療方法、治療期間など詳しい治療内容につきましてはいつでも医師、スタッフにお気軽にお声をかけてください。


肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科


みなさまこんにちは、歯科助手のアルチャナです。
近頃は徐々に暖かくなってきてお天気もいいですね!
季節の変わり目は風邪などひきやすいのでみなさま気を付けてくださいね^-^

それでは今日はみなさまに安心して治療を受けていただくために、筒井歯科が大事にしている4つのことをご案内させて頂きます。

①治療内容の説明
 「皆様に安心して治療を受けて頂き、さらには、皆様に一生ご自分の歯で健康な食生活を送って頂くこと。」これが私たちの目標です。
 そのため現在のお口の状態や、今後どのような治療をしていくのかといった詳しい情報をお伝えすると同時に、治療方法についても皆さまのご希望にそった提案をさせていただきます。


②歯科用レントゲン
 歯科治療では、歯の内部の状態を知るため、レントゲン撮影が欠かせません。
 撮影では放射線を受けることになります。しかし、歯科用のレントゲン撮影で受ける放射線量は、日常生活で自然界から1年間に受ける量のわずか約30分の1程度でしかありません。
 このように歯科用のレントゲンは放射線量が大変少なく、安心して治療をお受けいただくことができます。


肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科


2015年3月23日

みなさまこんにちは。
歯科助手のアルチャナです。

さっそくですが、みなさま歯周病って知っていますか?
実は『歯周病』という病名は知っていてもどういった病気なのかよく知らないっていうかたがほとんどなのです。

歯周病は歯を失う原因のNo.1になっていて、その割合は40%以上というデータもでています。

それではどういった病気なのか簡単にご案内します。

危険① 骨がとけて歯が抜ける!!
 歯周病は『歯周病菌』と呼ばれる細菌が原因です。
『歯周病菌』は『歯周ポケット』をつくりながら歯茎の奥へと進んでいき、やがて歯を支えてる骨(歯槽骨)をとかしはじめます。
支えを失った歯は徐々にグラグラになっていき、最後には抜けてしまいます。


危険②自覚症状が少ない
 歯周病は、初期段階では目立った自覚症状がありません。しかし、ゆっくりと確実に進行していきます。
激しい出血や痛み、歯がゆれるなど、明らかな自覚症状がでる頃には、重度の歯周病になっていることもめずらしくありません。


危険③歯磨きでは治らない
 歯周病になると、歯と歯茎の間に隙間ができます。これを『歯周ポケット』といいます。
歯周ポケットに入り込んだ細菌(プラーク)や、細菌のすみかとなっている歯石は、歯磨きだけで除去することはできません。


このように、歯周病は気付かないうちに進行し、歯を失ってしまうとても怖い病気なのです。
 対策としてはまず、早期発見のために歯周病の検査をおすすめします。
 検査では歯周病の進行状況を調べるため『歯周ポケット』の深さを小さなものさしを使って深さを測定します。

その後、進行度合いによって担当の衛生士が治療させて頂きます。


最近定期検診に行かれていない方や、歯周病が気になる方はお気軽にご相談ください。

肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科

2015年3月11日

おはようございます☀

副院長の筒井万里子です。

3月に入りましたが、寒い日がつづきますね。
昨日今日は雪が舞っているのが窓から見られ、また真冬に戻ったようです。
早く暖かい春が来るのが待ち遠しくて仕方ありません。


3月は年度末で皆さんお仕事も忙しくなる時期のようです。
さらに、サラリーマンの方は転勤も多く特にバタバタしている感じが伝わってきます。

そのせいか、治療中に眠くなってしまう方もよくおられるのですが、
治療の支障がない限り、そのままゆっくり眠ってもらってかまいません。
歯医者に来ているひと時だけでもリラックスして頂けたらと思います。

定期的なメンテナンスも忙しくなると、ついつい抜けたりしやすくなりますが、
仕事の合間に筒井歯科に寄って、ホッと一息ついてもらえたら嬉しいです。
できるだけ、皆さんのご要望にお応え出来るようスタッフ一同お待ちしております。

スクリーンショット 2015-03-11 11.53.52.png

肥後橋・西梅田・渡辺橋・中之島・淀屋橋/フェスティバルタワー筒井歯科


« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
フェスティバルタワー筒井歯科

フェスティバルタワー
筒井歯科

〒530-0005
大阪市北区中之島二丁目
3番18号
中之島フェスティバルタワー15F