2009年3月 « トップへ » 2012年6月

2009年4月20日

副院長 筒井万里子

矯正担当医 筒井万里子1980年1月31日 徳島県生まれ 大阪育ち
小学生の頃は転勤族で、大阪の東豊中や豊能、東京の杉並などに住んでいました。中学校は箕面の聖母被昇天学院、高校は府立北野高校を卒業しました。

大学進学を考えた高校3年生の夏、"大学に行くなら何か目的を持った方がいい" "女の人は資格を持っている方が働きやすい"という親のアドバイスを受け、理系生物選択だった私は、将来医療系の仕事をしようと思いました。その中から、昔から手先が器用で細かいことをするのが好きだったこと、白衣姿がカッコイイというイメージから歯医者になることを目指しました。

1999年4月 岡山大学歯学部入学
一言で言えば、まじめな学生だったと思います。テスト前に必死で勉強して、ギリギリ合格というよりは、"優"をとれるように、将来良い歯医者になれるようにと真剣に勉強しました。バスケ部に所属しましたが、こちらは不真面目でした。運動は大好きですけど、基本的に運動音痴だと思われます(笑)。

2005年3月 岡山大学歯学部卒業
その年から合格率を下げ、難しくなった国家試験にも合格し、無事に歯科医師になれました。夢が叶い、歯医者として働けることに胸が踊ったのを今でも思い出します。そして6年間の岡山での生活を終え、大阪に舞い戻ってきました。

2005年4月 大阪大学大学院に入学
これからの長い歯医者としての人生、何かしら歯科治療の発展に役立ちたいと思い、大阪大学で大学院生として研究に従事することにしました。虫歯治療に使用する抗菌性材料の成分が歯の細胞に与える影響について研究をおこなってきました。ラボに寝泊まりすることも度々あったりと、研究漬けの日々を送っていました。

2007年10月 デンツプライ賞 受賞
日本歯科保存学会学術大会で発表した研究内容がデンツプライ賞を受賞しました。莫大な労力の割に、報われることの少ない研究生活も、この受賞でものすごい励みとなりました。

2009年3月 大阪大学大学院卒業、歯学博士となりました
同年4月にマイアミで開催されたIADR(国際歯科研究学会)で初めて海外で発表。発表と学会周辺のリゾートムードを存分に楽しみました。そして学位論文の集大成が、医学分野で権威のある『Biomaterials』からパブリッシュ掲載されました。

Annual Reportさらに、このことを受けて、大阪大学全学部の多種多様な研究分の中から、特に優秀な研究論文100選Annual Report of Osaka University Academic Achievement 2010-2011に選ばれました。これは、最高に名誉で嬉しい形で研究成果が評価されたことを意味し、研究に費やした時間すべてを取り戻し、天にも昇る思いでした。

臨床医としては、大阪大学附属病院の歯科保存科(虫歯や歯の神経の治療を専門)において最先端の技術、設備で研鑽を積みました。目に見えない非常に繊細な治療を要する分野で、歯の命を守れるか守れないかが、大きくその治療技術にかかってくるところです。たくさんのドクターと毎日、最善の治療について討論しながら技術の向上に努めていました。
大学付属病院以外では、いわゆる町の歯医者さんにも週2日のペースで勤務していました。土曜日に子供のたくさんいる地域で勤務していたので、子供たちやそのお母さん、家族みんなとコミュニケーションを大事にして口の中すべての健康を保つ重要性を強く感じました。さらに、この頃、子どもから時には大人まで、歯科矯正の知識や技術を提供できる必要性を非常に強く感じました。

大学院卒業後、人生の大きな転機が訪れました。結婚をし、その相手となる夫がインプラントを極める!!という強い思いで先に留学をしていたので、その後を追ってアメリカ、ニューヨークへと渡るこのになりました。

世界最大で最高にホットな町のニューヨーク。毎日、マンハッタンの中を歩き回り、すべてのものから刺激を受けて興奮していました。
でも、やっぱり私も歯科医のひとり。一番刺激を受けたのは、ニューヨーク大学歯学部をのぞきに行き、そこに通う様々な国の歯科医と友達になり、そこで真剣に治療に取り組んでいる姿を見たときでした。私もここで学び、臨床の腕を磨きたい!!!という気持ちはすぐに抑えられなくなりました。
歯科医療先進国のアメリカ、さすがにどこを見渡してもみんな本当に歯並びがキレイ。子どもたちの半数以上は当たり前のように矯正装置をつけている状況を目の当たりにして、アメリカで矯正治療を学ぶ価値がある判断できました。
気がつけば、ニューヨーク大学の矯正歯科の入学へ向けて着々と準備を進めている自分がいました。

2010年7月 ニューヨーク大学入学
ニューヨーク大学に入学して実感したのは「アメリカ人の歯に対する意識は、やっぱり非常に高い」ということです。虫歯の治療と同じレベルで、矯正歯科治療が一般的な歯科治療として受け入れられています。歯並びが悪いと虫歯や歯周病にかかりやすくなり、結果的に高い治療費がかかってしまうということが広く認知されているからです。

ニューヨーク州の未成年者は、歯並びの悪さが基準以下であると政府の補助で矯正治療を受けることが補償されています。政府の支援もあり、連日多くの患者さまが矯正歯科に詰めかけて来ていました。そのため、実践をふまえて勉強させてもらう環境としては非常に恵まれており、短い期間でもたくさんの症例を診ることができました。

NY大学難易度の高い症例では口腔外科の先生とチームを組んで治療にあたったり、世界トップレベルの矯正指導医と一緒にディスカッションしたりして治療計画を立てていくという、日本ではあまり経験できないようなことを毎日の診療室で行うことができ、私の貴重な財産となっています。

歯並びが乱れていると、見た目が悪いだけでなく、お手入れがしにくいので、虫歯や歯周病にかかりやすかったり、重症化しやすくなったりします。さらに、頭痛や肩こりの原因になったり、食べ物がうまく噛めずに内臓に負担がかかってしまったり、お子さまの場合は健全な発育が望めなくなってしまうこともあります。お口の中の健康は、全身の健康にもつながっています。

1本の歯や歯並びだけを見るのではなく、矯正治療も含めたそのほかの治療分野をとおしてお口の中全体の健康を守っていくこと、全身の健康で生き生きした生活を考えていくこと、そして日進月歩の医療技術を常にキャッチし、ていねいで質の高い医療をご提供できるよう、日々の努力を惜しまず邁進していきたいと思います。


【略歴】
2005年3月  岡山大学歯学部卒業
2005年4月  大阪大学大学院入学 口腔分子感染制御学(歯科保存科)
2007年10月  日本歯科保存学会秋季学術大会 デンツプライ賞 受賞
        "抗菌性モノマーMDPBが象牙芽細胞様細胞に与える影響"
2009年3月  大阪大学大学院卒業 歯学博士号 取得
2009年4月  IADA(国際歯科研究学会) 発表
2009年11月  学術雑誌 『Biomaterials』パブリッシュ掲載
        The Influence of the antibacterial monomer 12-methacryloyloxydodecylprodinium bromide on the proliferation, defferentiation and mineralization of odontoblast-like cells
2010-2011年 大阪大学 論文100選 受賞 
        Annual Report of Osaka University Academic Achievement
2009年    結婚を機にニューヨーク在住
       日本国領事館邦人医療支援ネットワークで『子どもの歯と健康』について講演
2010年7月  New York University College of Dentistry
-2011年9月  Advanced program for international dentists in Orthodontics
       (ニューヨーク大学 矯正歯科アドバンスプログラム)
       インビザライン コース終了
       様々な矯正方法、著名な矯正ドクターの講習会に参加

歯科保存学会員
アメリカ矯正歯科学会員

スタッフ紹介


スタッフ紹介石川 直子
血液型・出身地
A型 ・ 大阪出身

好きな食べ物
いちご

趣味
睡眠•飲みにいくこと

日々心がけていること
おもてなしの心

目標
フェスティバル院と北浜院を行き来しています。
少しでも多くの患者様をお出迎えさせて頂きたいと思っていますのでよろしくお願い致します。


スタッフ紹介安岡 仁恵 歯科医師
略歴
北海道医療大学卒業
東京医科歯科大学
摂食機能評価学講座

血液型・出身地
O型 ・ 北海道

好きな食べ物
お野菜全般

趣味
散歩、音楽

日々心がけていること
体調を整えるためのストレッチ

目標
更に健康でいる為に規則正しい食事と週1回の運動を実行することです。

一言メッセージ
歯について分からないこと、不安なことがありましたらお気軽に聞いて下さい。
丁寧に説明させて頂きます。

スタッフ紹介松田 友見 歯科衛生士
血液型・出身地
B型 ・ 大阪府

好きな食べ物
スイーツ

趣味
旅行

日々心がけていること
笑顔で接すること

目標
患者様から信頼される歯科衛生士になること

一言メッセージ
お口の健康を保つためのお手伝いをさせて頂きます

メインテナンスについて
当院では始めは3ヶ月に一回から、お口の環境管理が上手な方は半年に一回、定期検診といって定期的なメインテナンスをおすすめしています。定期検診では、はじめにお口のチェックを行い、歯周病が進行していないか、虫歯ができていないか、を診査し、普段ご自身で行っていただくホームケアでは出来ないような、歯石とりやバイオフィルムの除去など、状況に応じてプロフェッショナルケアを行っていきます。
メインテナンスを行う意義としては、

1、歯周病(歯槽膿漏)のチェック
歯周病は静かなところで進行していきます。自覚症状が伴う状況になってからでは、もとの健康な状態を取り戻すのは困難な場合もあります。国の調査によると、80歳で平均10本しか歯が残っていないという結果が出ています。そしてその原因の約半数は歯周病です。歯周病は、緩解はしますが、完全治癒しません。また年齢が若い方でも歯周病は進行することがあります。歯周病治療のゴールは再発予防ですので、メインテナンスがとっても重要です。

2、虫歯のチェック
虫歯も歯周病と同じで、痛みが出た段階というのはある程度虫歯が進行した段階です。場合によれば、歯の中を通る神経とってしまい、最終的にはかぶせものにして強度を補強していく必要があります。そうなると来院回数がかかりますし、健康な歯が、生木から枯れ木にかわってしまうような状態になりますので、歯の寿命を縮めてしまうことになります。早期発見早期治療。その発見を担うのが、定期検診です。

3、歯磨きだけでは防げない
プラーク(歯垢)は 細菌のかたまりであり、歯周病や虫歯の原因になります。そして時間が経過すると石灰化し、歯石へと変わります。文字通り歯石は、歯にとても強固にこびりついて、歯磨きなどホームケアでは取り除くことが出来ません。メインテナンスではその歯石を専門の器具で取り除き、さらにはバイオフィルムを除去し歯石がつきにくくなるようにしたり、患者さんに日々の管理(歯磨き、フロス)のコツをお伝えしたりします。患者さんのお口の管理をお手伝いするのがメインテナンスです。



2009年4月17日

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に所得税の一部が戻ってきます

本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。

ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。(申告額は200万円が限度です)所得金額合計が200万円までの方は所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は下記の計算額になります。

控除金額について

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

詳しくは国税庁のホームページへ

インプラント、矯正治療費も医療費控除の適用が受けられます。

減税額(還付金額)は給与の年収、家族構成、申告する医療費の金額などにより異なります。
下記の表は医療費控除申告金額100万円とした場合の減税額(概算)の参考資料です。
医療費控除の適用を受ける医療費が100万円の場合

インプラント、矯正治療費も医療費控除
*社会保険料控除・生命保険料控除の適用を受け、配偶者・子ども2人(妻子ともに所得なし)の設定

例えば、上記注釈(*)の設定において、給与の年収が900万円、医療費が100万円で確定
申告を行った場合、医療費0円の場合と比較すると所得税住民税の合計金額が27万円減税となり、
かかった医療費(100万円)の27%が還付されることになります。

医療費控除を受けるには確定申告を行う必要があります。
また、申告には領収書が必要となりますので、お渡しする領収書は大切に保管してください。

医療費控除の対象となる医療費

・医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
・治療の為の医薬品購入費
・通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
・治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費
・その他

還付を受けるために必要なもの

・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
・領収書(コピーは×)
・印鑑、銀行等の通帳

*確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
*申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

2009年4月15日

医院案内

フェスティバルタワー筒井歯科のアクセスと医院案内です。

医院名 医療法人悠生会 フェスティバルタワー筒井歯科
院内紹介はこちら
医院の外観
住所 〒530-0005
大阪市北区中之島2-3-18
中之島フェスティバルタワー15F
電話番号 06-6231-8211(ハニイイ)
FAX 06-6231-8217(ハニイーナ)

診察時間
診療時間
9:30~13:30 ×
14:30~19:30 ×
△:土曜 17:30まで
休診日:日曜・祝日

アクセスマップ

〒530-0005
大阪市北区中之島2-3-18
中之島フェスティバルタワー15F


大きな地図で見る・地図を印刷する

電車でお越しの方
電車でお越しの方

京阪中之島線「渡辺橋」駅下車12番出口直結
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅下車4番出口直結
地下鉄御堂筋線・京阪「淀屋橋」駅下車7番出口より徒歩7分
JR東西線「北新地」駅下車11-5番出口より徒歩10分
JR「大阪」駅下車桜橋口より徒歩13分

新幹線でお越しの方
新幹線でお越しの方

新大阪駅より
地下鉄御堂筋線「新大阪駅」→「淀屋橋駅」徒歩
JR線「新大阪駅」→「大阪駅」徒歩、または四ツ橋線乗り換え「肥後橋駅」下車すぐ

飛行機でお越しの方
飛行機でお越しの方

関西空港より
南海空港線「関西空港駅」→「なんば駅」→御堂筋線乗り換え「淀屋橋駅」徒歩
または、大阪駅方面のリムジンバスがございます。

大阪空港(伊丹空港)より
大阪モノレール→阪急宝塚線乗り換え「蛍池駅」→「梅田駅」→四ツ橋線乗り換え「西梅田駅」→「肥後橋駅」
または、大阪駅方面のリムジンバスがございます。

2009年4月13日

個人情報について

フェスティバルタワー筒井歯科(以下、当院)は、ご予約やご相談・資料請求などで皆様に個人情報の提供をお願いすることがあります。当院は、ご提供いただいた個人情報に関して本「プライバシーポリシー」に基づき、取り扱いに細心の注意を払っています。

当サイト上でお伺いする個人情報について

ご予約やご相談、資料請求時にお伺いする個人名、メールアドレス、その他の個人情報は、適切にご予約を受付けたり、ご相談内容、資料請求に適切にお答えするために必要なものです。これら以外の目的では使用致しません。

個人情報の開示について

当サイトは利用者の個人情報を原則として開示することは致しません。

個人情報の利用と提供について

当院では、お答えいただいた個人情報を、販売したり、貸し出したりすることはありません。下記の場合においてのみ、個人情報を外部に提供することがあります。

・利用者の方の同意があった場合
・裁判所や警察などの公的機関から、法律に基づく正式な照会要請を受けた場合
ご利用者にサービスを提供する目的で、当院からの委託を受けて業務を行う会社が情報を必要とする場合。(ただしこれらの会社も、個人情報を上記の目的の限度を超えて利用することはできません。)

尚、ご相談に関しまして、公益性があると判断した内容を当サイト及び当院関連サイト上で公開する場合がありますが、その場合は個人情報が特定されない状態で公開します。

当院の個人情報管理責任者

医療法人悠生会 フェスティバルタワー筒井歯科
院長 筒井 純也

〒530-0005
大阪市北区中之島2-3-18
中之島フェスティバルタワー15F


2009年3月 « トップへ » 2012年6月


コールバック予約