トップへ » 医院案内 » 最新歯科医療レポート » 【最新歯科医療レポート】天然の歯を抜かずに残す治療

【最新歯科医療レポート】天然の歯を抜かずに残す治療

天然の歯を抜かずに残す治療お口の中は自分で直接見ることはできません。だからこそ気づかないうちに、歯を脅かすさまざまな病気がはびこってしまうことも。ここでは抜歯の原因となるおもな病気と、できる限り抜かずに治す最新治療法をご紹介します。

歯周病
歯周病は歯槽膿漏ともいわれていて、歯を支えている歯槽骨が溶けてしまう病気。重度の歯周病になると、歯槽骨が痩せて歯を支えることができなくなってしまいます。舌で押したときに歯がぐらつくほどになると、食事にも支障が出てきます。

軽度から中等度の歯周病の場合は、歯周病の原因となる菌や、その温床となる歯石を取り除きます。その後、再生療法を行うことで、歯槽骨の回復が可能です。重度歯周病になってしまっても、骨の痩せ方によっては再生療法が有効となるケースもあります。

虫歯
虫歯が進行すると歯がどんどん溶かされ、ついには根だけの状態になってしまいます。根だけの状態のまま放置しておくと、歯の上に歯肉が被さってくるといった症状が表れます。被せ物を支えることもできなくなるので、抜歯の対象となってしまいます。

歯の上に歯肉が被さってしまったときも、いくつかの治療法があります。クラウンレングスニング(歯冠延長術)は歯ぐきの形を整える治療、エクストルージョン(矯正的提出術)は歯を歯ぐきの上まで引っ張り上げる治療です。歯の根だけになってしまっても、これらの治療で7割以上の歯が保存できます。

歯根破折
歯の根の部分に外から何らかの力が加わると、歯の根が割れてしまうことがあります。これが歯根破折です。歯根破折になると、そこから細菌の感染などが起きるため、抜歯の対象となってしまいます。

まずは破折の状態を調べるために、歯科用顕微鏡などの器具を用いてさまざまな診査を行います。どのくらいの部分が破折しているかにもよりますが、歯根の3分の1程度に留まっていれば、エクストルージョンやクラウンレングスニングによって歯根を残すことができます。

根尖病巣
歯の神経を取ってしまったあと、神経の通っていた管の中に雑菌が繁殖し、根の先端部分に膿が溜まってしまうことがあります。これが根尖病巣です。風邪などで身体の抵抗力が低下したり、疲れが溜まったりすると、歯ぐきが腫れたり激痛に悩まされたりといった急性症状が起きます。

神経の通っていた根管の中を洗浄し、細菌が繁殖できないような処置を施した薬剤を詰めることで、80%くらいの割合で完治させることができます。当院では根管の洗浄をする際、雑菌の繁殖や膿を見逃さないようにするため、マイクロスコープなどの最先端機器を使っています。


トップへ » 医院案内 » 最新歯科医療レポート » 【最新歯科医療レポート】天然の歯を抜かずに残す治療


コールバック予約