トップへ » 医院案内 » 最新歯科医療レポート » 【最新歯科医療レポート】マイクロスコープを使った精度の高い治療

【最新歯科医療レポート】マイクロスコープを使った精度の高い治療

マイクロスコープ治療中は、肉眼では確認できない細かい作業が必要になることがあります。そこで威力を発揮するのが「マイクロスコープ」と呼ばれる顕微鏡です。マイクロスコープを使えば、より正確でより精密に、そしてより安全に質の高い治療を提供できます。

当院で使用するマイクロスコープは、眼科や脳外科手術などでも使われる肉眼の24倍程度に拡大して見ることができるものです。そのため、本来抜かなければならない歯でも残せるなど、治療処理が飛躍的にアップしました。

虫歯治療
マイクロスコープを使うと肉眼の24倍まで拡大できるので、小さな虫歯まで発見できるようになりました。また、患部を高倍率で確認しながら治療できるので、削る量を最小限に抑えることが可能です。診断に基づく正確な治療ができるため、再治療の必要性を極力減らすことができます。

根管治療
根管治療とは細菌の進入や増殖を防ぎ、歯髄組織の管を無菌化し、空洞を薬などで充填・密封する治療法です。肉眼では細い根管の中を見ることができないため、根管内に汚れが残ってしまうことがあります。マイクロスコープを使用した根管治療では、特殊な器具で細い根管の汚れをかき出してきれいにするため、再治療のリスクが軽減します。

審美治療
肉眼による治療では、確認できない微細な隙間が残ることで、詰め物や被せ物が適合しないことがありました。また、不適合の部分から歯が悪化してしまう可能性がありました。マイクロスコープを使えばそういった不具合が回避され、より精度の高い審美歯科治療を行うことができます。

口腔外科
マイクロスコープを使うことで最小限の侵襲で、より精密に、より安全に外科治療を行うことができます。また、拡大鏡視野により、非常に小さいメスを用いた手術が可能です。傷口の縫合も、髪の毛より細い糸で行えるため、術後の痛みや不快感を抑えることができます。


トップへ » 医院案内 » 最新歯科医療レポート » 【最新歯科医療レポート】マイクロスコープを使った精度の高い治療


コールバック予約