トップへ » 医院案内 » 最新歯科医療レポート » 【最新歯科医療レポート】骨が少なくてインプラント治療ができない方のために

【最新歯科医療レポート】骨が少なくてインプラント治療ができない方のために

インプラント治療では、歯がなくなってしまった部分のあごの骨に直接土台を埋め込み、その上に義歯を被せます。ただしそのためには、土台を支えるだけのあごの骨の強度が必要です。あごの骨の細い方の場合、インプラント治療を希望しても、断られてしまうことがあります。

歯周病や虫歯が悪化して抜歯をすると、あごへの刺激が少なくなってあごの骨が細くなってしまうことがあります。また、生まれつきあごの骨が細い方もいらっしゃいます。そういう方でも、増骨手術でインプラント治療ができるようになる場合があります。そんな増骨手術のいくつかをご紹介します。

サイナスリフト
サイナスリフト
上あごの骨が少ない方の場合に行う手術です。上あごの奥歯上方には、「上顎洞」(サイナス)と呼ばれる空洞があります。ここに骨と同じような組成で作られた補填剤を詰め、それが骨に置き換わるのを待つことで増骨していきます。

ソケットリフト
ソケットリフト
サイナスリフトと同じく、上あごの骨が少ない場合に行われます。臼歯が生えているところは上顎洞までの距離が短いので、人工骨を埋め込むとトラブルになる可能性があります。そのため上顎洞を広げてできたスペースに骨移植などを行って増骨していきます。

GBR(骨再生誘導療法)
GBR(骨再生誘導療法)
歯周病などが原因で骨が削れてしまったところに、自分の骨や人工骨を移植して再生を促す方法です。骨が不足している箇所を、特殊な膜で覆ってスペースを確保。その中に、骨のもとになる素材を詰めて骨の再生を促してきます。


トップへ » 医院案内 » 最新歯科医療レポート » 【最新歯科医療レポート】骨が少なくてインプラント治療ができない方のために


コールバック予約