トップへ » 当院の特徴 » 矯正歯科 » 当院の矯正治療で使用する装置

当院の矯正治療で使用する装置

透明な矯正装置で行うインビザライン
インビザラインインビザラインとは透明で取り外しが可能なインビザライン・アライナーを使用した矯正方法です。

矯正装置そのものが透明であるため、ほとんど目立ちません。いつでもご自分で取り外しができますので煩わしさがなく、歯磨きやフロスなど歯のお手入れも容易です。矯正治療中の虫歯のリスクも軽減され、お食事も通常と変わることなくお召し上がりいただけます。

「インビザラインドクター」によるインビザライン
インビザラインドクターまた、副院長はインビザラインを開発し矯正を行っている米国のアライン・テクノロジー社認定のインビザライン・ドクターです。安心で精度の高いインビザラインを使った矯正歯科治療を提案します。少しでも患者様の負担を軽減できる方法を模索をします。

【メリット】
・透明で目立たないため、接客業の方であっても安心して治療に取り組める
・取り外しが可能なため、通常とおりのお食事や歯のブラッシングが可能
・歯の手入れがしやすく、歯周全体の健康に好影響をもたらす
・ワイヤーレスのマウスピース形状であるため装着時の不快感が少ない

【デメリット】
・症状によっては他の矯正装置と併用しなければならない場合がある
・小学生など臼歯が生えていない年齢の方には適さない
・取り外しが容易なため、他の矯正方法に比べ治療の継続に患者様の強い意思が必要

ただし、すべての症例に適用されるというわけではありません。当院では、治療前に十分カウンセリングさせて頂いた上で、最適な治療方法を検討させていただいております。

【インビザラインが可能な適用例】
・歯根移動の必要がない症例(歯の傾斜移動で済む不正咬合)
・ワイヤー装置による最終調整が可能な方
・抜歯を必要としない症例

【インビザラインが不可となる可能性のある症例】
・上下の顎の位置にずれのある方
・左右にずれのある不正咬合である場合
・歯全体のガタつきが極めて強い場合

装置を表に出さない裏側矯正
裏側矯正裏側(舌側)矯正はその名の通り、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を全て歯の裏側につける治療方法です。目立たないという意味では一番ですので、矯正装置を見せたくないという患者様におすすめの治療方法です。

【メリット】
・表から装置が見えない

【デメリット】
・舌ざわりが悪く口内炎ができやすい
・歯磨きがしにくい(歯石がつきやすい)
・症例によっては適応できない場合がある
・一回の治療時間が長く、治療費が高額
・食べ物がはさまりやすく、とれにくい

クリアーブラケットで、唇側(表側)矯正も目立ちにくく
クリアーブラケット一般的な表側からの矯正方法の中でも、クリアータイプのブラケットや白いワイヤーを使うことで、目立ちにくくすることが可能になります。また最近、若い患者様の中には、カラーゴムを使いファッション感覚で、おしゃれを楽しむ方もいらっしゃいます。

【メリット】
・舌側(裏側)矯正より治療期間が短い
・痛みが少ない
・一回の治療時間が短く治療費が低額
・ほとんどの症例に適応できる

【デメリット】
・矯正していることを隠せるほどではない
・唇の内側に口内炎ができやすい


トップへ » 当院の特徴 » 矯正歯科 » 当院の矯正治療で使用する装置


コールバック予約