トップへ » 当院の特徴 » 矯正歯科 » 矯正治療の技術力について

矯正治療の技術力について

矯正歯科

当院の矯正治療では、当院の副院長である筒井万里子(大阪大学大学院・NewYork大学修了)が担当します。副院長は、院長と同様、NewYork大学歯学部で矯正歯科治療を学んだ矯正歯科治療のエキスパートです。

全米最大級/NewYork大学歯学部での技術研鑽NewYork大学歯学部
NewYork大学歯学部は矯正歯科治療においても全米トップクラスのレベルを誇る「教育機関」です。ですから、全米でもトップクラスの腕を持つ教授陣、また歯科医師が集まったレベルの高い環境です。

加えて、NewYork大学歯学部は「患者数」でも全米トップクラス。実地研修の多い環境で、数多くの患者様を診ることで、矯正歯科技術を学びました。

また、「研究機関」としても非常に優れた環境であり、数多くの経験はもちろん、科学的に検証された最新の研究成果などの、理論的な面からも勉強をしました。

アメリカ人の歯に対する意識は高い!
そこで実感したことの一つに、よく言われることですが「アメリカ人の歯に対する意識は高い!」ということがあげられます。虫歯の治療と同じレベルで、「歯並びが悪ければ、矯正歯科治療は行うもの」という考えが浸透しており、矯正歯科治療を受ける患者様が圧倒的に多いのです。なぜなら歯並びが悪いと、虫歯や歯周病にかかり、高い治療がかかってしまう現状があるからです。

NewYork大学歯学部また、日本の患者様と違って、はっきりとしたご要望があるケースも多く、「患者様のご要望」をお聞きし、シッカリとした治療計画を立て、その上で高いレベルの歯科技術で治療を提供するという基本を、ハイレベルな環境で学ぶことができました。そんな環境でしたから、当然求められる医療技術はとても高いです。

さらに、あるアンケートで矯正治療を受けるイメージとして、「嬉しい」が一番で、日本でのイメージ「大変」「治療費が高い」とは真逆の状態。つまり、患者様の心境に大きな差があるのです。

指導をしてくださる教授陣もトップレベルの方たちばかり
また、先程も触れましたが、指導をしてくださる教授陣もトップレベルの方たちばかりです。

週に何度か自分が受け持つ患者様の治療計画をチェックして頂ける時間があるのですが、「なぜ君はこう思ったの?」「こんな治療方法があるのに、なぜ君はこの治療方法を選んだの?」という具合に質問攻めに。そこでも理論的な根拠に基づいた説明が求められます。

こうした環境の中でレベルの高い環境で、歯科技術を学ぶことができました。


トップへ » 当院の特徴 » 矯正歯科 » 矯正治療の技術力について


コールバック予約