トップへ » 当院の特徴 » 痛みの少ない治療について » 「歯の治療がどうしても怖い」という方へ

「歯の治療がどうしても怖い」という方へ

痛みの少ない治療「治療ユニットに座っただけで気分が悪くなってしまう」「嘔吐反射が強く、お口の中に器具が入るとすぐ吐き気を感じる」こういった方にお薦めなのが静脈内鎮静法です。これは薬剤を静脈に直接注入し、麻酔状態をもたらす方法で、インプラントや歯周病などで外科的処置が必要になった場合にも用いられています。

点滴から薬を投与し始めると、リラックスした状態になり1~2分で眠くなってきます。そのため、治療の際の痛みや音などがあまり気になりません。ただ、施術後しばらくは眠気やふらつきがありますので、車の運転は控えてください。

静脈内鎮静法の特徴
●気分が落ち着いてリラックスできる
●健忘効果で、治療中のことを覚えていられない
●治療時間が短く感じられる
●嘔吐反射が強い方でも、吐き気を抑えて治療できる

静脈内鎮静法は自費治療となります。詳しくはスタッフまでお尋ねください。


トップへ » 当院の特徴 » 痛みの少ない治療について » 「歯の治療がどうしても怖い」という方へ


コールバック予約