トップへ » 当院の特徴 » 予防歯科

予防歯科の重要性

予防歯科

当院では、虫歯や歯肉炎・歯周病などお口のトラブルが発生する前に、その原因を取り除く予防歯科にも力を入れています。

日本では痛くなってから来院される患者様が一般的ですが、自由診療が基本のアメリカでは高い治療費を自己負担することを極力回避できるよう、予防歯科は当たり前の文化となっています。

「磨いている」=「磨けている」ではありません。

予防歯科毎日歯磨きをしていても、大丈夫とは限りません。もちろん、患者様に合った正しい磨き方を行っていれば、虫歯や歯周病の予防効果が高まりますが、"磨いている"と"磨けている"では大きな違いがあります。

我流のブラッシングでは利き手や磨き方の癖などからどうしても磨き残しのある箇所ができてしまいますので、歯の状態だけでなく、ブラッシングの磨き残しについても定期的なチェックが必要です。

当院では、究極の歯科医療とは「健康である口元を健康のままに末永く維持するお手伝いをさせていただくことである」と考えております。是非、当院の予防歯科による定期検診をお受けいただき、患者様の健康な口元の維持にお役立てください。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)

PMTCとは、歯科医師や衛生士といった専門家によって行う歯のクリーニングです。歯石・着色・バイオフィルム(歯磨きでは落とすことができない歯の表面に付着している数百個の細菌の膜)などの口腔内の汚れを専用の機械や器具を用いて除去することで、虫歯や歯周病などを予防できます。

PMTCまた、PMTCは治療として行われる"歯石取り"とは異なり、予防を目的としているため保険が適用されませんが、定期的に施術を受けていただくことで長期的に健康な口元が維持され、生涯という視点でみると最終的には様々な負担の軽減につながります。

当院では、では3カ月~6ケ月に一度の定期的なクリーニングをおすすめしています。また、PMTCの仕上げには、虫歯・歯周病の原因となる汚れや着色が付きにくくなるコーティングを行いますので、光沢のある歯の表面を回復する事ができます。

【歯のクリーニングの目的】
●細菌群の破壊、除去
お口の中の細菌群は一度破壊しても3~4ヵ月ほどで新しく形成されるため、定期的なクリーニング除去が大変効果的となります。

●歯の残存に有効
定期的なメンテナンスを受けていない人は、40代から歯が抜け始め50代後半になると加速します。最終的には平均で5本程度の自分の歯しか残らないといったデータもあります。一方、定期的にメンテナンスを受け続けた人は80歳になってもほとんどの歯が残っています。

●口内疾患を予防
将来に備えて貯金をする、老化防止のためにお肌のお手入れをするのと同様、お口の健康にも「転ばぬ先の杖」は必要です。歯のクリーニングは口内年齢を若く保ち、虫歯や歯周病なども防ぎます。

ヘアサロンやエステと同様に身だしなみの一つとして、当院のPMTCを患者様のライフサイクルに取り入れていただき、いつまでも清潔で健康な口元でお過ごしください。

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 当院の特徴 » 予防歯科


コールバック予約